teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


★タミフルの備蓄>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月 1日(水)14時40分2秒
   赤い文字で「備蓄用」と記載されている。
 
 

★新型インフルエンザ>仕組み

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月 1日(水)14時38分37秒
   新型に変化する仕組み:  

★インフルエンザ>薬剤

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月 1日(水)14時07分0秒
   最新情報>現在は「HA」ワクチンが予防的に皮下注射され昨年も今年も「A型」は「H3N2」と「H1N1」:「B型」の三種が混合ワクチンとして使用されていて流行タイプは同じで効果が認められているが「H1N1」の抗体価が上がらないのが問題となっている。

 【抗インフルエンザ薬剤】:

 ①「イナビル」は一度吸入すれば治療は完結するので「簡易検査でA・B型」と診断されると「イナビルの吸入一度」だけで治療は完了している。

 ②ラビアクタ300mg:これは一日入院して点滴で加療される。

 ③リレンザ:5日間 朝・夕二回 吸入する薬剤で耐性が少ないが幼児が巧く吸入できないことがある。

  ④タミフル75mg内服:異常行動が問題となる薬剤だがカプセルの内服薬なので「予備薬剤」としても国策で備蓄されている。

 ⑤アマンタジン:最初に開発された抗インフルエンザ薬で現在は余り使用されない。むしろ「抗パーキンソン剤」として使用されることがある。
 

★鳥インフルエンザ>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月 1日(水)13時46分23秒
   ウィルスの構造と変遷:  

★HN型インフルエンザ>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月 1日(水)13時42分23秒
   今年はA型の「HxNy」インフルエンザの中で「H3N2」の抗体価は高く保たれているが「H1N1」の抗体作成率が20%と低い。特に高齢者の抗体価が低いのが特徴で肺炎による容態の急変が懸念される。

 もう一度「H・N」型インフルエンザについて記載してみよう。

 ●「感冒」と「寒冒」では「風邪」の意味が異なっている。通常の風邪をひいたというのは「寒冒・common cold」で「インフルエンザ」は「A」「B」「C」型からなる「感冒」で感染力が強く「発熱・咽頭痛・関節痛」など症状も強い。

 「H」「N」の意味は呼吸器の上気道から進入する際にカギとなる「ヘマグルチニン」を意味し細胞内で増殖して細胞外へ出て他の気道細胞へ侵入する「カギ」となる「ノイラミダーゼ」が「N」であってこの「H]と「N」の組み合わせにより抗体の有無が問題となる。

 「鳥インフルエンザ」は「H7N9」の構造を持ち通常はこの抗体がないため「パンデミック」なる拡大が懸念される。

 中国の各省や台湾で発証した「H7N9」はかなりの重症者と死亡者を出して話題となったが現在では既に新型インフルエンザに対して「ワクチン」が研究され作成されている。厚生労働省で余り騒ぎにならないのもこのためで直接「H7N9」に感染した鳥と接触しない限り余り問題とならない。

 かって国際空港で検閲された「物々しさ」は完全に収束されている。

 但し問題がない訳ではなく「H7N9」も「亜型」が発生すればこれに対しては抗体は皆無で「パンデミック」が話題となる。
 

★US診断>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月26日(木)18時21分30秒
   診断に有効:  

★インターフェロン使用>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月26日(木)18時19分23秒
   肝炎の治療と肝癌の発生を抑制する効果が認められる。  

★C型肝炎の診断と治療>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月26日(木)18時14分57秒
   〓診断への過程>治療へ:  

★LTB>③

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月25日(水)11時49分2秒
   診断と治療:  

★LTB>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月25日(水)11時47分34秒
   レ線検査:  

★肺結核>①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月25日(水)11時45分59秒
   治療法も随分進歩したが根治できていない肺結核。

 呼吸器外来では「抗酸菌症」も問題になってきたが「結核」は古来からの厄介な疾患に変わりはない。
 

★H1N1亜系>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月20日(金)15時46分20秒
   HAワクチンに含まれている「H1N1」に変形・亜系が出来て効果が20%に減少。  

★手背のツボ>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月18日(水)10時54分45秒
   これが効果的なケースは一日の治療でよい。  

★其の二>腰と下腿

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月18日(水)10時53分15秒
   危険は全くない。  

★腰痛>鍼灸治療

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月18日(水)10時51分44秒
   腰のツボを使って通電する場合:  

★腰痛庄の治療>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月18日(水)10時49分59秒
   急性腰痛(ギックリ腰)の西洋医学的治療は薬物を使っての対照療法が最初に行われる。原因がはっきりと診断できればその治療となるがギックリ腰の場合は一挙に疼痛が始まりしかも激痛のため先ずは対象療法から始められるが多くの場合は「上臥姿勢で膝を曲げて安静」が原則となる。

 東洋医学では「腰部のツボに鍼灸治療」や「手背の腰腿点のツボ」が使用され短期に治癒することが多く診られている。

 平成6年末東京ドーム近くで医者を対象とした鍼灸療法の特別講座が開かれ全国から100名の医師が受講して小生もそれ以来外来でサービスとして治療に利用している。「保険診療の対象外」なので知り合いの患者さんにだけ無料で施術しているが極めて効果的で巷の鍼灸院なら4000~7000円はするはずだ。

 自分も持病だったので子供達にハリを打ってもらい低電流で通電して1ケ月で完治したが急性腰痛の場合は一回の治療でそのまま歩いて帰宅できるケースもあり好評だ。

 お灸は熱いので敬遠されるが自分は夏の鮎釣りの過労はモグサを使った鍼灸治療で疲労を回復している。

 基本的に使用されるツボは①腰部 ②手背 ③下腿 が大半で技術的には易しく慣れれば簡単に治療できる。
 

★其の四>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月14日(土)17時16分4秒
   今年のHAより意義がありそうだ。  

★肺炎ワクチン>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月14日(土)17時13分36秒
   生産しているメーカーは多い。
 

★肺炎球菌ワクチン>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月14日(土)17時11分58秒
   ありふれた菌であり高価な抗生剤を使用する前に接種すれば経済効果も含めて価値が高い。  

★肺炎ワクチン>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月14日(土)17時07分28秒
   肺炎球菌ワクチンの接種率は海外に比べて随分低い。

 高齢者の肺炎死亡率が高く肺炎の1/4が肺炎球菌が起炎菌になっているのでワクチンが普及すれば死亡率の低下は充分期待できるし医療費の節約にもなる。4000~9000円もするワクチンの公費負担が進めば両者に良い効果が望めるはづだ。
 

★其の二>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月10日(火)17時57分36秒
   C型肝炎の75%は肝硬変となりHCCを形成する。  

★肝硬変・HCC>①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月10日(火)17時54分53秒
   US画像:  

★HCCの原因>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月10日(火)17時34分31秒
編集済
   日・米差があり日本ではC-型・B-型肝炎からHCCが発症することが多い。  

★CT>US

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月10日(火)05時42分8秒
   CTは当然の時代。  

★HEPA>US①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月10日(火)05時40分50秒
   US診断も有効。  

★ガイドライン>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月10日(火)05時34分18秒
   どの疾患も専門家によるガイドラインがある。  

★B型も>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月10日(火)05時32分14秒
   C・Bはいずれも要注意。  

★C-HEPA>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月10日(火)05時29分52秒
   C型肝炎から肝硬変を経て肝癌発症まで。  

★C型肝炎>肝硬変

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月10日(火)05時25分3秒
   HCV感染による肝炎・肝硬変・肝癌への移行は専門家による治療が進歩してきたが依然として社会問題。  

★其の三>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月 9日(月)06時40分36秒
   政府はH7N9のワクチンの予備を持っている。  

★其の二>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月 9日(月)06時38分56秒
   亜型が問題:  

★H5N1・H7N9>①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月 9日(月)06時35分50秒
   関連図説:(順不同)  

★新型インフルエンザ>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月 4日(水)10時15分53秒
   香港で二人が罹患し香港政府は緊急警報を「alert」から「serious」に変更。  

★HAワクチン>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年12月 4日(水)10時13分31秒
   2年前から効果が減少。

 「H1N1」は抗体が有効だが「H3N2」「B型」の抗体有効率が低下。
 

★HAインフルエンザワクチン>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年11月22日(金)16時05分48秒
   沖縄では既にB型を中心としてインフルエンザの流行が始まりHAワクチンの予防接種も始まった。

 一昨年の大流行から昨年はやや沈静化していたが今年はどうか。
 

★H7N9>変異と感染

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年11月21日(木)10時37分38秒
   そのメカニズム:  

★4月に次いで>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年11月21日(木)10時35分58秒
   10月に再度発生し厳戒警報:
 

★H7N9>中国で再度

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年11月21日(木)10時33分30秒
   感染者と死亡者が発生:
 

★H.pilori>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年11月12日(火)05時02分46秒
編集済
    life cycle 図式>

  ●除菌方法>
 

★ウガイ薬品>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年11月 6日(水)07時19分28秒
   「イソジンガーグル」を使うのが常道だが「京大・保険部」のデーターでは「水道水」と効果は変わらないという論文もでている。

 「オリジナル」の薬価は¥330: 「ジェネリック」が¥220~240円。
 

★福島県>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年11月 5日(火)09時35分56秒
   救急処置のガイドラインがある。  

★蘇生措置拒否>DNR

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年11月 5日(火)09時28分25秒
編集済
   「救急救命処置」拒否宣言>「Do Not Resusciate」=DNR もしくは:

               「do not resusciate order」=BNAR

 色々な意見はでてこようが自然死を望む「高齢者」はこの意思を表明しておくべきだろう。

 ●禅語>良寛さん曰く:「死ぬときには死ぬがよろしく候」
 

★風邪>関係事象

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年10月30日(水)06時03分50秒
   最近は胸部XPだけで診断をする時代ではなくなったが参考にはなる。

 専門家から見ると肺疾患は複雑で診断も難しい。

 ①胸水の分類:

 ②溶連菌:

 ③XPの一例:
 

★肺の構造と機能>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年10月30日(水)05時36分53秒
   何処まで説明するかは場合によるが。  

★肺の構造>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年10月30日(水)05時34分33秒
   肺炎・肺癌・肺気腫・抗酸生菌感染症などが疑われるとき:  

★風邪>気管支炎

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年10月30日(水)05時31分10秒
   段々下気道へ移行するとき>  

★風邪>説明図①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年10月30日(水)05時28分35秒
   風邪のシーズンが到来:

 外来で説明に使う「風邪の経過」図説>
 

★ムカデ咬傷>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年10月27日(日)09時53分47秒
   ●注>決して冷やさない

 ●42度C以上のお湯で温めると解毒される。
 

★蜂咬傷>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年10月27日(日)09時51分46秒
   1%XYL0.5mg/1ml+リンデロン0.5>局所注射がベスト。  

★スズメバチ>咬傷

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年10月27日(日)09時48分36秒
   ①「ショック」乃至予防に「ボスミン」使用

 ②あとはO2吸入と血管確保と輸液。
 

★其の二>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年10月27日(日)09時34分27秒
   作用機序:  

★ノルアドレナリン>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年10月27日(日)09時33分20秒
   アドレナリン(ボスミン)の心臓虚血作用を抑制するときに「ノルアドレナリン」を使用することがあったが現在では余り問題にされていない。  

★ボスミン>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年10月27日(日)09時06分3秒
   救急搬送の場合>on line medical contorol で「エピネフリン注シリンジ」(テルモ)を隊員に指示する。

 ●吸入用もある。
 

★救急必需薬品>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年10月27日(日)09時02分13秒
   ●「ボスミン」(アドレナリン・エピネフリン)1mg(第一三共製薬):

 ●全てのショックの第一選択薬>通常「0.5mg(0.3~10mg)」を皮下・筋注(生食と静注も可)⇒効果がなければ3分おきに繰り返す。
 

★DPC>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 9月18日(水)10時04分30秒
   従来の「出来高制」医療費と「DPC」との違い:  

★入院治療費>DPC

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 9月18日(水)10時02分24秒
編集済
   最近は入院する場合に病院によって治療費が異なっている。

 その基本になる「DPC」の仕組み:

 ●DPCとは:Diagnosis Procedure Combinication「包括医療費支払い制度」は 従来の「出来高制度」に代わって登場し「Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」という格分けと同時に適応されて医療費の無駄を省くのが目的。

 ●平成15年4月に大学病院にこの制度が導入された。
 

★Saturday -night-palsy>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 9月10日(火)10時41分20秒
   「Rist-drop」の典型症状で診断がつくが軽い「シビレ」を伴なうことがある。

 今回の症例では:

 初回>

 ①プレドニン5mg・6tab
 ②メチコバール500μg・3tab
 ③アリナミンF25mg・3tab

 3×(7)食後

 次週>

 プレドニン5mg・3tab 減量

 第三週>

 メチコバール3tab
 アリナミンF3tab

 3×(7)食後 でRistの拳上が可能になってきている。

 ●通常外来で比較的よく診る疾患の一つで「難治」と考えられるときは整形外科へ紹介する。

 
 

★橈骨神経麻痺>①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 9月10日(火)10時25分10秒
   かっては「土曜の夜のマヒ」と呼称されていたが最近では週休二日となったので「金曜の夜のマヒ」も必要かも知れぬ。

 翌日が休日になるので安心して大酒を飲み泥酔して「腕枕」や「長時間の圧迫」で上腕の「橈骨神経部」の圧迫が持続して目が覚めると手首が「拳上不可」(上がらない)となり外来を受診する羽目になる。

 一ケ月前に外来で遭遇し加療中だが経過はよく現在自宅でテニスボールを使ってリハビリしている。
 

★抗凝固薬の特徴・指標>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 8月 7日(水)11時16分51秒
編集済
   心房細動による栓塞予防に使用する「抗凝固薬」の特徴と使い分け指標として「CLcr」を総合的な出血リスク予測指標として最重要視する。

 ①CLcr:50ml/min ⇒ ダビガトラン150mg・110mg×2T

 ②CLcr:30~40ml/min ⇒ ①ワルファリン ②ダビガトラン ③リバーロキサバン ⇒ 大出血のリスク ⇒ アビキサバン5mg×2T(60才以上・60kg以下⇒+CR1.5mg/dl ⇒ 「2.5mg×2T」に減量。

 ③CLcr30ml/min未満 ⇒ ワルファリンを使用。
 

★心房細動>抗凝固薬①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 8月 7日(水)10時57分56秒
   「心原性栓塞症予防薬」の選択の「CLcr」を基準にする薬剤の選び方:  

★心臓>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月26日(金)18時35分5秒
編集済
   「詳細な構造」と「一般向け」説明図:

 http://www.imaios.com/jp

  ●ここで「心臓」の画像を選ぶ:
 

★AS&MR>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月26日(金)18時21分36秒
   聴診での注意点など:  

★心臓>収縮期雑音

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月26日(金)18時19分58秒
   今朝の外来でAF-HTで加療中にSystoric murmer を聴取し「僧房弁逆流・MR」と診断。  

★其の二>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月17日(水)09時35分10秒
   「かまぼこ板」と言って笑ってはいられない時代になる。  

★AF>アプリ①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月17日(水)09時33分45秒
   スマートホンが普及して何事にも使われる。  

★其の二>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月12日(金)15時40分0秒
   やはり抗凝固剤を使用すべき結論。  

★AF>抗凝固剤①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月12日(金)15時38分40秒
   心房細動に対して抗凝固剤の使用の有無。  

★熱中症とは>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月11日(木)06時16分54秒
編集済
   今年は日本列島が灼熱化しそのため「熱中症の患者」が多発している。

 かって医師会誌に紹介された「熱中症」の定義・分類を再掲したみる。

 「m3」ではPDFファイルで掲載されていたがここでは簡略にどういう状態かを紹介しておこう。

 ●治療は生塩を中心とした輸液と体温をさげることが中心。例年高齢者の発症をみるが今年も既に二人加療。一昨夕往診を依頼され応急処置で一夜明ければ軽快していた。

 ●即席の予防飲料>①水1L ②砂糖40g ③塩3g を常備して冷蔵庫で保存し飲用すれば予防になる。レモンも加えれば更に効果的となる。
 

★其の三>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月10日(水)09時10分10秒
   足三里は色々な効果のあるツボでこむら返りでも使われる。
 

★こむら返り>ツボ②

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月10日(水)09時09分0秒
   承山などの外にもツボとして使われている場所。
 

★こむら返り>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月10日(水)08時55分14秒
   他の漢方薬として使用されるものに:  

★こむら返り>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月10日(水)08時46分21秒
編集済
   ●ツボ>承筋・承間・承山・足心

 ●漢方>芍薬甘草湯が圧倒的に使用される。
 

★Polycystic Disease>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 5日(金)08時46分1秒
編集済
   Liver Cyst>

 ●他の臓器にもCystを伴うことが多い。
 

★肝嚢胞>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 5日(金)08時43分38秒
   ①単発性

 ②多房性

 ③巨大嚢胞
 

★リンデロン軟膏>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 4日(木)10時10分52秒
   「ベトネベート」などとともに「リンデロンV・VG」は ③Strong にランクされ虫刺されなどに使用されることが多い。  

★デルモベート>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 4日(木)09時46分35秒
   梅雨の季節は皮膚病の季節でもある。

 【外用薬の強さ】から ①Strongest ②veryStrong ③Strong ④Medium ⑤Week に分類されるが「デルモベート」は ①Strongestに属する。
 

★ADD>エコー

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 3日(水)17時24分27秒
編集済
   CT-US:  

★AAD>US

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 3日(水)10時22分39秒
   検査手段としてUSも使用。
 

★AAD>CT②

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 3日(水)10時20分57秒
   MDCTが使われることが多くなった。  

★AAD>CT①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 3日(水)10時19分32秒
   MDCT CT画像:  

★AAD>⑤

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 3日(水)08時02分38秒
   診断と予後:  

★AAD>④

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 3日(水)08時00分7秒
   資料-①
 

★AAD>③

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 3日(水)07時56分14秒
   タイプの分類:  

★AAD>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 3日(水)07時52分4秒
   発症から診断:  

★AAD>①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 3日(水)07時45分56秒
編集済
   急性大動脈解離(Acute Aortic Dissection)解説>  

★大動脈解離>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 2日(火)19時09分10秒
   スタンホードA・B分類で治療法が異なる。  

★大動脈解離>①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 2日(火)19時05分33秒
   観光バスの運転手が意識を消失し乗客がバスを止めて無事。  

★ALS>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 1日(月)09時13分12秒
   「延髄」の構造と組織図:  

★ALS>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 7月 1日(月)09時10分50秒
編集済
   〓ALS〓>Amyotrophic Lateral Screrosis:

「筋萎縮性側索硬化症」は急速に進行する原因不明で発症する筋肉萎縮による全身病で現在のところ特別の治療法がない。
 

★肝硬変>④

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 6月28日(金)03時13分32秒
   ①門脈系の拡張:

 ②脾・腎シャント:
 

★肝硬変>③

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 6月28日(金)03時11分2秒
   ①腹水:

 ②傍臍静脈:
 

★肝硬変>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 6月28日(金)03時08分49秒
   ①左胃静脈:

 ②胆嚢壁の肥厚:
 

★肝疾患のUS>①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 6月28日(金)03時06分20秒
   肝硬変:  

★US>慢性肝炎

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 6月27日(木)07時40分33秒
   ①肝臓の縁の鈍化

 ②肝表面の萎縮

 ③内部エコー
 

★肝硬変>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 6月27日(木)07時23分43秒
   US画像>  

★慢性肝炎>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 6月27日(木)07時22分34秒
   US画像①:

 US②
 

★その他>

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 6月26日(水)04時29分22秒
   ①無痛性甲状腺炎:

 ②嚢腫:

 ③悪性腫瘍:
 

★乳頭癌>US

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 6月26日(水)04時26分49秒
   甲状腺悪性腫瘍:  

★橋本氏病>US

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 6月26日(水)04時25分24秒
   外見からも診断し易い。  

★甲状腺疾患のUS>①

 投稿者:浄徹  投稿日:2013年 6月26日(水)04時21分54秒
   腫瘍:  

レンタル掲示板
/10