teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


★US>Liver

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 3月 3日(月)20時40分10秒
   デジカメで画面を撮影してみた。  
 

★CV-PORT>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 3月 1日(土)03時33分51秒
   制癌剤の注入が主に使われる。  

★CV-PORT>①

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 3月 1日(土)03時29分23秒
   道具の発達は目覚ましい。  

★現実>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月28日(金)17時09分22秒
   それでも多少改善されてきた。

 だからベストでやりたいのだが。
 

★体重が20KG>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月28日(金)17時06分34秒
   RBC:222万 Hb:8.7Plat:2.1万 TP:6.0 ALB:60.1%

 フェリチン241.9>

 「水分・食事なし」と厳しい。
 

★CV-P>PICC

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月28日(金)16時59分17秒
   現在「IVH」の93才の血小板減少・貧血・栄養失調症による全身浮腫の患者さんに「診療所でやっていたような」埋め込み型のIVHをやりたいのだが。  

★四日市公害>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月28日(金)00時22分26秒
   この時期は学生時代だったがその悪臭の強さは想像に絶するものがあった。

 「車の中にいても悪臭は容赦なく人を脅かす」

 この時と全く変わらないのが今の中国。
 

★pm2.5>清浄器

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月28日(金)00時18分9秒
   マスクから集塵装置まで揃っているがその前に大気汚染の元凶をどう処理するかの方が大事。  

★HEPA>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月27日(木)23時59分31秒
編集済
   (pm2.5)を除去する「hepa-Filter」のメーカーが二社ある。

 微細粒子をフィルターで除去する装置は開発されている。
 

★対応する空気洗浄器>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月26日(水)19時47分44秒
   シャープとダイキンがHEPAフィルターを用意している。  

★pm2.5>サイズ

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月26日(水)19時44分32秒
   12倍<杉花粉:  

★人体に影響>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月26日(水)19時41分48秒
   HEPA-FILTERしか濾過できない単位の微粒子:

 単位:「1μm」=「1000分の1mm」
 

★PM2.5>再度

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月26日(水)19時38分26秒
   北西の風に便乗して大気汚染問題が再燃してきている。

 「pm2.5」の意味>
 

★続>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月25日(火)13時10分47秒
   これからが問題の認知症だろう。
 

★レ線診断>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月25日(火)13時08分28秒
   症例:  

★其の二>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月25日(火)13時06分24秒
   アルツハイマーとの関係が面白そうだ。  

★レビー小体>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月25日(火)13時04分46秒
   昨日の続き>  

★其の三>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月24日(月)19時08分59秒
   今後診断が判然とすれば症例が増加するだろう。  

★其の二>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月24日(月)19時07分1秒
   図式で説明してみよう。  

★レビー小体型認知症>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月24日(月)19時05分34秒
   ①脳血管型 ②アルツハイマー型の外に③レビー小体型認知症がある。

 アリセプトなどの効果が少量ですみ「パーキンソン症候群」の症状を伴っていることが多く意外に知られていない。
 

★其の三>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月23日(日)06時19分56秒
   介護施設は認知症を作る>そうして儲ける。日本は馬鹿な指導者でこれではボケるしか方法はない。俺はボケる寸前に心筋梗塞で死ぬことにきめている。  

★認知症>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月23日(日)06時15分51秒
   レ線でどんな型になろうと働く人間は健康と言ってよい。CTなど気にしない。動く>これが一番。死ぬまで動くこと。  

★認知症>アルツハイマー型

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月23日(日)06時11分19秒
編集済
   この診断は面倒の一言にすぎる。

 介護保険で記載する「認知症」とはすなわち「老人ボケ」。これに効く薬など出るハズがないのによく売れる。効果のない薬だからから売れると言っていいだろう。この国には老人が多すぎてそれで医者などがたかりの根性で群がる。嫌な現象だ。

 弱くなれば早く死ぬそれが大原則だ。
 

★マダニ>ウイルス

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月22日(土)05時52分41秒
   拡大写真と局所。  

★其の三>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月22日(土)05時50分19秒
   マダニ:  

★マダニ咬傷>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月22日(土)05時48分49秒
   どこでもいるので見逃すケースがありそうだ。  

★マダニ咬傷>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月22日(土)05時44分36秒
編集済
   3年前にマダニ咬傷患者を診察。

 紫色をしたブドウのように血液を吸って刺創部から綺麗剥がせて無事何事もなく経過。

 今日本で200例を越すマダニ咬傷患者な中から「SFTS](Sever Fever with Thrombocytopenia Ssyndorome)「重症熱性血小板減少症候群」のが発見され話題になっている。(厚生省HP参照)

 治療>テトラサイクリンに効果があり入院が必要。

 家周辺の草叢に存在してよく咬まれるようだが気にせずに経過している。2週くらい喰いついて丸々と血液を吸い自然に落下。病原菌がなければ問題はなくピンセットで丁寧に除去する。この際に虫の一部でも残さぬように除去することが大切。

 発症:高熱など全身症状が出る。死亡率は高くないが10~30%もあるので注意。福山市では5年前に2例の患者が死亡。話題となった。
 

★ヘパリンNaロック>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月21日(金)10時50分12秒
編集済
   感染に注意して生食でよくフラッシュする。  

★CV以前>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月21日(金)10時46分3秒
   よく使われる「エンシュア」は好みによって味が変えることが可能。経口投与に勝るものはない。

 ①エンシュア:

 ②ハイカリックの成分表:

 ③フラッシュして管が詰まることがないように注意する。
 

★中心静脈栄養>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月21日(金)10時38分13秒
編集済
   ●必要な器具>

 ①色々あるが単純なのがよい。

 ②高齢者は「過量輸液」で死亡させるのが経験の教えでテキスト通りではダメ。最低700mlでも充分。

 ③「カテーテルの留置」より「ヘパリン」で解除して動けるようにしたほうがよい。

 【一例】:
 

★通販での薬剤購入>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月21日(金)06時00分39秒
編集済
   嫁の「シングレア10mg」は通販で購入しています。やはり安くて早き届くので便利。

 「福山市民病院」では「ロキソニン」処方が多いが家では「頻尿」に使用している。昼間の「OAB」にはこれが一番効果的。尿量が減少する。

 夜間は「トフラニール」がベスト。夜中に起きる排尿回数が減少する。

 これは市民病院のUROで教えて貰った。よく効き喜ばれる。

●通販購入は「シングレア」だけで「ロキソニン」は問屋さんから購入しているが余り使わない。「OAB」くらいで鎮痛剤は多種あるので問題はない。
 

★理想は>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月20日(木)04時47分54秒
編集済
   英国式の病人を出さないと医者が医療機器に再投資できるシステム。

 生涯で医者になって使える金など知れている。貧しくても問題ないように心がけていればそれで充分だろう。
 

★医療制度>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月20日(木)04時46分19秒
   良心的な医者は「制度が変わっても」同じ医者しかできないのがこの世界の定め。

 「癌研」の院長から「手術」でなく「医者としての心構え」を仕込まれた。

 「岡山・津山中央病院」院長・額田先生からも同じで「医者としても心構え」を仕込まれた。
 

★滲出性中耳炎>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月19日(水)01時18分25秒
   最終的には鼓膜切開をして閉鎖しないように通気口を人工的に設置するか耳管の入口を広げるしか方法はない。  

★滲出性中耳炎>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月19日(水)01時04分18秒
   耳管と中耳が狭くて気圧の調整が巧く出来ていない状態で発背生する。  

★眩暈>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月18日(火)04時03分43秒
編集済
   内耳の構造>詳細:

 クラス会の時「耳鼻科」の友人に耳管狭窄の根治法を尋ねたが「最善の治療法はない」との返事だった。鼓膜切開も二度受けている。

 一番の原因は「副鼻腔の炎症」が大元にある。
 

★眩暈>その実情

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月18日(火)03時58分3秒
   インターンの時「耳鼻科」のアルバイトをしていた関係で「耳鼻科のことは意外に詳しい」し興味がある。

 自分自身に「滲出性中耳炎があり耳管狭窄の難聴」に悩まされているのでこれは自作の小型ポンプを使って「通気治療とネブライザー効果」のため鼻腔へ送気している。

 完全に外界の音から閉鎖されて2ケ月。耳鼻科をネットで調べたが然るべき医者が見つからない。仕方なく自分で治療することにして開発したのが現在の通気法。

 狭くなった耳管と中耳に空気が送り込まれ途端に「ガボッ」と音が聞こえだす。感激した。

 それ以来自己開発の通気法で対処している。

 眩暈は一度しか経験がないが外来ではかなり観察される疾患で最近の知見では小さな砂が内耳にできてそれが原因の一つとして注目されその砂の除去で治癒するケースが多くなってきた。

 眩暈に関係する内耳を中心とした器官:
 

★フランクル>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月16日(日)03時33分52秒
編集済
   希望の言葉というより「残された時間が少しかない人」-それは自分含めてすべての生者への「人としての生き様を伝える名言」だろう。  

★Victor Emil Frankle>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月16日(日)03時23分13秒
編集済
   彼の名言を知ったのが「ラジオ深夜便」で「貴方の残された限られた時間で何をしたいかでなく何を求められているか」という問いかけは「癌末期の患者に呼びかける言葉を模索中」のことだった。

 多くの死との出会いに遭遇する医師として「癌末期の去るゆく人に」何か送るに値する言葉を探していた頃にこの言葉は救いがあった。

 若いころから禅の勉強と師匠について修行をしてきたがこの場に相応しい言葉に困惑していた時のことである。

 この合言葉はアウシュビッツの収容所で死を待つ強請収容者にむけて発せられた。

 ここは死しか選べない究極の収容所である。本人もさることながら誰もが生きる希望を見出すことができない場所であったが3名の賛同者がその意見を受け入れた。

 Frankleはウイ―ン大学でフロイトに師事し精神医学を研究していた最中にナチスによりこの収容所へ送られてこの言葉を見出す。というより平素から研究していたのであろう。



 

★IVH>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月14日(金)06時43分45秒
   カテーテルによる「IVH」が簡単で往診ではベストだろう。今日は「ヘパリンNaロック」よりIVHを考えている。

 「CV-PORT」が「Best,regard」だが。
 

★CV-PORT>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月14日(金)06時35分11秒
   福山市民病院では「放射線科の医者」が担当しているのには違和感を感じたし今でも内科医が内視鏡をするのは大反対。ショック死者が年間何人でているか調べればゾッとする。

 ショックを回復させる技術を持たぬ医者が危険な行為をして「これでは裁判に負け」て当然のこと。

 内科で停止した心臓で諦めた死者となるはずの患者を外科が引き取り心臓機能を回復させて内科へ返して退院時に挨拶にこられた時は不思議な感覚だったが大学から診療にきていた講師が外科のレベルの高さに驚いてその後は内科・外科の対立がなくなった。

 我々古参の外科医は最悪の事態を想定し周辺に救命薬品と道具を用意してからすべての処置を行うのが常識で「看護師」の研修で首部の損傷縫合をするための局所麻酔で処置をし始めたら痙攣発作と呼吸停止が実際に発生しラボナールの静注と挿管して人工呼吸で何事もなく縫合を終えていい実地研修となった。
 

★中心静脈栄養>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月14日(金)06時11分30秒
   「CVH」「IVH」とも言われたり「PICC」と呼ばれたり「CV-PORT」の変形とも考えられるが昭和41年に玉野日赤病院で「弾力性のあるカニュ-レ」を下腿静脈へセットしたのがが最初。

 1週くらいからブドウ糖液では「静脈炎」で赤くなり始め生食で保護して2週は可能だった。

 便利だたので大学で使用し始めた。麻酔科医がいないない時代の話で外科医は麻酔医も担当した。ノレン分けで分家し脳外科も同じ頃に分家した。

 珍しいことをするのが好きで「セルジンガー」は岡山大で初めてカテーテルを自作してXP透視下で2時間もかけてやっと撮影できたが人体解剖図を図書館から持ち出して教授回診のときに説明したが理解されなかった。

 学生時の昭和35年頃から始めた胃カメラ撮影では腹部の光った場所を時計軸で記載して院長と検討会を開いて場所を推定している。TV-XPを岡山まで修練にでかけ三重で初設置したときには名古屋から見物医者が多数来院し新聞紙上でおおきく取り上げられ患者が多数かけつけて混乱したのが懐かしい。
 

★臓器の変化と部位>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月13日(木)05時13分19秒
編集済
   私が経験した症例では頸部・胸部・腹部の5例がある。

次回から認知症を勉強してみよう。物忘れテストは煩わしい。

★今実は「ワルファリン」のAF減少効果について興味を持っている。

 それは10年以上にわたって「AF患者」にワルファリンを投与していてAFが改善に向かう症例が多々みられだし「循環器内科の専門家と話しても彼らはどうもこの現象をゆっくりと観察・統計をとる暇がないようですぐに話をそらす」。

 自宅の医院での症例は少ないが市民病院はかなりの症例が「ワルファリン」の試適容量と維持量にしか目がむかなくなり「アブレーション」に興味が移行してしまった。

 内科医はしばしば外科的な処置を好む傾向があり研修制度ができてから拍車をかけている。

 外科医もやることが内科的になてきて我々のように週に30例の胃切をやったり86名に及ぶ内視鏡を独りでやってギネスに記録されそうな圧倒的な迫力が欠けてきた。一番はそうした豪快無比な外科医が居なくなったことだろう。

 過労死など考えることもなくヒタスラ師匠と働く丁稚奉公時代が消失しソフトタッチな外科医の出現でサラッリーマン化している。迫力は全く見られない。2年間で3000例の開腹術と麻酔管理・術後管理を唯一人で夜明けまでやって風呂の水を飲んで目を覚ますなどもはや気が狂うような修行時代がない。
 はっきり言って「トロイ」。温室で育った野菜と雑草では逞しさは次元を超えている。それが当たり前だと修行してきた世代の医者からみればなんとひ弱な外科医であることか。

 外科医者は男の仕事である。か弱き女性など近づけない闘争の世界に住む特別選ばれた逞しい男が本職とする聖域であることは当然であってとても昨今の医療の世界などあほらしくてこれでは女にモテる訳はない。

 ベッピンを従えて猛々しく闊歩する外科医の姿など最近ではお目にかかれない。何人もの女を従え侍らせてしかも愛でてやる。男たるものはこれが本来の姿でなければならぬ。すくなくとも浄徹はそうして76年をすごしてきた。モテない男など無縁でどこからでも女を調達してこそ男というものであろう。医者の中で外科医者を志す男はそれが当然であったし文句も言われなかった。甲斐性があるからである。

 「女医亡国論」:昔からこの持論は不変で医者は男の闘争のある職場でなければならぬし弱者を守る義務がある。代償として女は男に尽くさねばならぬ。いい男には多くの女が集まり命令し従えて無人の荒野を荒々しく闊歩する。チョロイ人間にはあり得ない次元の世界の住人で責任も重い。ポリスとも喧嘩しヤクザとも戦う気迫が必要な男のロマンを秘めた世界が外科医の世界でなければならぬ。内視鏡手術など全く興味はない。手術は戦いであり命懸けで弱者の生命を守るのが本来の姿でなければならぬ。

 いいか悪いかそれは知らぬがそうして外科医を50年もやってきた人間に礼儀などある訳はない。老いたりと言えども荒波を横断し岩盤に激突しも死ぬことは許されない。武士道であろう。それでいて佛でもある。小生の人生に負けなど有り得ない。負けは人生の終焉を意味している。そうして生きてきた化石人に付ける薬はない。
 

★病理像>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月13日(木)05時10分17秒
   血管内の変化:  

★とは>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月13日(木)05時06分34秒
   入門図から病理まで:
 

★再度>高安氏病の続き

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月13日(木)05時03分34秒
   全国で5000例といえば各臓器癌の半数くらいとなりかなり多い疾患である。症状などは:
 

★続々>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月10日(月)06時25分41秒
   やはり今は「US診断」がメイン。

 これはもう少し勉強して詳細にUPする。
 

★続>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月10日(月)06時22分50秒
   XP関係:

 違うカテゴリーも混在:
 

★その三>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月10日(月)06時20分2秒
   XP画像:  

★其の二>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月10日(月)06時18分43秒
   順不同で今度は病理:  

〓大動脈炎症候群>①

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月10日(月)06時04分21秒
   最初にこの症例に出くわしたのは4年前でどうしても血圧が測定できない。

 脈拍をみても触知しない。

 「名医」とは思わぬがそれでも「東は茨城から西は鹿児島」まで患者が相談に電話や来診する。

 それは当たり前で私は弟子を二人とも大学教授まで仕上げた医者である。プライドは極めて高い。

 昭和44年から外来で1時間待てと看護婦に申し渡した。

 開業医での初めての勤務で患者はナメテかかっている。

 学位論文は2年で仕上げたものだから教室としては「人間性に問題はある」にしても医者としての腕は10年目のボンクラ医者より確実で信頼度は高い。手術は出来るし患者には極めて評判がいい。「人間性に問題 ― それは指導者からみた勝手な論理ではっきり言えばもはや指導できる上医がいない - 唯それだけのこと」である。

 この「切れ者」の扱いには教授も多いに困惑したようだ。これまでに例がない。勝手に放置しておけば何をしでかすか大学の威信に拘わりかねない。

 研究室への申し送りではないが「巧く使えば役に立つが間違えば両刃のカミソリで有害になる」。

 そうして3階の廊下で教授にバッタリ出会うと「君はどこの研究室に決まったの?」「ハイ 東研究室の折田講師からうちへ来ることが決まったからどんなテーマがいいと問われて一番難しいテーマをお願いします」と答えていたので「東研」ですと答えると「ああ そう」。

 さすがに人を見抜いている。「俺の両刃の頭脳」を把握されていると尊敬の念が読めた。

 研究室でも傍若無人ぶりに変化はない。昼間からウイスキーを飲むし本も読む。英文しか解らぬから論文は全て外国誌。

 かって研究室にいた頃 三重大の大学院生から「1P500円で翻訳のアルバイト」をしていたから出来の悪い三重大でバカな医者をみてきている。英語が読み書きできない医者は基本の教育がなされていない。こちらは「生理学」当時からそれを指摘され苦労しながら「Bコン」と言われた追試験はテキストにない講義が試験問題にでた「公衆衛生」だけで「外科総論で追試」と言われたときは塩浜の第二外科教授室までその理由を尋ねに出かけて「君の答案は確かに良くできたいた。しかし致命的な外科医としての誤りがあった。それは左に出来やすい疾患を右と記載してあった」だから落した。

 これで追試の理由が判明し追試では60点しかつかないはずの点数が80点もついていた。当然上位ランクである。

 私の辞書には100点しか毛頭にないがそれでもまずまずの勉強で(せめてハーバード大ならもう少しは試験勉強をしただろうが)講義も出ずに卒業して岡山という田舎の駅弁大学へ放りだされた。

 過去はもういい。昨日の続き>

 現在判明している患者数が5000人。まだ増えるだろう。この病気を知らぬ不勉強な医者が多いからだ。
 

★其の二>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 9日(日)19時19分10秒
   画像を纏めてみた。  

★大動脈炎症候群>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 9日(日)19時17分56秒
編集済
   「高安病」と呼ばれることがあるが「脈無し病」とも呼ばれ左右どちらかの脈拍が触れない。

 「公費負担の難病」で注意していればそう稀有な病気ではない。

 胸部XPでは診断がつかないことがあり両側の脈拍で診断が可能。

 ●X-P写真:三症例>
 

★AF>薬剤の選択

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 8日(土)18時57分52秒
   薬剤による作用機序の相違点と特徴:  

★AFに使用する薬剤とCcr>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 8日(土)18時51分39秒
編集済
   ワルファリンは肝臓で処理されるので問題ないが後は「CLcr」が良くないと使用できない。

 最大の欠点は「PT-INR」のような指標が無いことで現在の治療域が判然せず「プロトロンボン値」を測定しても有効な指標とならないのが問題で3年前に5例の脳出血死亡者が連続し急遽中止するハメになったことがあり専門医から心配して電話を受けたことがある。

 通常「Ccr」の「eGFR」は「計算式から求められ使用されている:

 ①計算式>

っせず

 

★AFの治療>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 8日(土)16時31分10秒
   薬剤治療の統計:  

★AFの治療>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 8日(土)16時28分46秒
  「iphone」の用途が増加。  

★AFシリーズ>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 8日(土)16時26分20秒
   順不同になるがもう一度firstへ:

 最近はアブレーション治療をする施設が増加している。しかも内科とは驚きではないか。
 

★AF>続②

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 8日(土)16時13分3秒
   AF患者は過去には外科では余り問題にならなかったが昨今では「循環器内科の華」となり事実脳梗塞の発現率が減少している。

 使医薬品は何がベストか。それが問題となる。
 

★有効な薬剤>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 7日(金)05時05分41秒
編集済
   使い始めは注意が必要でメーカのデーターを盲信しないこと。

 ●注>消化器:とりわけ「早期胃癌」の専門家から「循環器」へ移行した訳ではないが興味がある。
 

★新・診断学>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 7日(金)05時02分18秒
   物の考え方も変化が激しい。
 

★ECG>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 7日(金)04時59分51秒
   もはや時代はスマホ時代:  

★「AF」のECG>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 7日(金)04時55分28秒
編集済
   誰がみても診断がつく。  

★本職を忘れない>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 7日(金)04時27分37秒
編集済
   では医学のお勉強の時間:大抵のことは知っていると自負してはならぬ。最新の情報にアンテナを張れ。

 YES サー。

 今日が「AF」講座:

●最近では「この講座」がベストだった。IT時代の医者の勉強の仕方は何も遠く出かけて金を払い老獪な医者に金を払って専門医になることではない。

 ●小生は高校時代からすべては独学しかしたことがない。習うなら名医へ出かけること。いい師匠に出会えるかどうかは心がけ次第。自分が習ったことは後輩に伝えることも義務の一つ。大学教授になれそうな医者に教えておくのが一番手早くてよい。該当者を探すのに自分の能力が試される。いい師匠を探しいい後輩に伝える「これ医学の本道」で基本。

 ●狭心症の「ECG」の基礎の基礎:そういえば最近「ECG」を使うことがなくなったしXPは息子と嫁に3年ぶりに透視で使用しただけで検査に頼らなくなって久しい。往診用のECGなど動くかどうか。脈診と聴診で充分だと自信過剰になってきたのは遺憾なことだ。
 

★図解図>附録

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 2日(日)05時59分14秒
編集済
   ①概略図解:

 ②色々なタイプ:

 ③尚 浄徹は「大平総理」や「平成天皇がバイパス手術」を受けられた「NO.7」が50%閉塞していて時々胸痛があり自転車練習の始めは2ケ月続くがそれを越せば治まっている。怖がらずにエクササイズがよい。時期がくれば頓死すればよい。(中濱医長からはステントは必要がないと言われている)
 

★拡張型心筋症>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 2日(日)05時48分10秒
   一時的な心筋炎を含む>
 

★拡張型心筋症>居眠り編

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 2日(日)05時44分44秒
編集済
   定期健診の時「福山市民病院」・循環器内科の「中濱一・医長」からUS検査中に居眠りをして「お笑い話のネタを提供」してしまったのは不肖・浄徹。この男のすることはサッパリ訳が解らない。それはそうだろう。異次元からきた奴だ。  

★拡張型心筋症>其の二

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 2月 2日(日)05時35分29秒
   もう少し続けてみよう:

 今日はUS診断も>
 

★続き>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月31日(金)19時03分12秒
編集済
   一過性に「寝不足」・「アルコール多飲」により肥大をきたすこともある。  

★拡張型心筋症>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月31日(金)19時00分15秒
   左室の壁が薄くなり心拍出力が低下する。  

★心室拡大>①

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月31日(金)18時57分31秒
   拡張型心筋症は難病指定疾患である。

 ①CTR測定:

 ②正常心臓と肥大心:

 ③拡張心:
 

★万能細胞>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月31日(金)01時35分33秒
   STAP細胞との相違点など。(この項終わり):

 「人癌由来初代細胞」の培養が研究テーマだった自分にとって隔世の感がある。
 

★理化学研究所>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月31日(金)01時28分47秒
   所長は「ノーベル化学賞」受賞の京大から名大で教鞭を執られた名大名誉教授・野依所長。
 

★其の三>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月31日(金)01時24分30秒
   科学の進歩はすざましがその蔭にある研究者の努力には頭が下がる。  

★STAP細胞>詳細②

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月31日(金)01時22分8秒
編集済
   「理化学研究所」のご好意で多くの画像が入手できて深謝する。専門的な教科書はそれぞれ興味を持ち次第勉強が可能なのでここの資料館の目的は誰でも理解できるような資料を収集することにあるので助かった。

 順不同に資料を掲示するので各自で整頓が望ましい。

 理化研の資料から:
 

★STAP細胞>詳細①

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月31日(金)01時12分6秒
編集済
   画期的な発見が昨日公表され話題になったが調査の結果判明したことは「教育の方法」が今回の発見に貢献していると考えられ田舎育ちの小生が何故他人と発想が異なっているのか理解できて納得した。

 偏差値と有名大学・学部志望の現代に警鐘を与えるだろうと思う。

 まず「STAP細胞」の定義等から>
 

★速報>STAP-細胞

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月30日(木)19時10分2秒
   神戸・理研の小保方晴子氏が本日英国誌・Natureに論文を発表し「刺激惹起性多機能性獲得細胞:「STAP細胞」がPH5.7の希塩酸溶液へ約30分浸すだけで培養により数日後の初期化が始まりSTAP細胞となり神経・筋肉に分化する能力を持つことを証明して話題を呼ぶ。
 

★H7N9>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月28日(火)12時10分57秒
   歴史は繰り返す。  

★新型ウイルスの変異>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月28日(火)12時09分15秒
   歴史と対策:  

★「H7N9」の構造>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月28日(火)12時07分13秒
   とその変異;  

★H7N9>変異

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月28日(火)12時05分27秒
編集済
   中国で発生したH7N9の新型インフルエンザウイルスが変異して抗ウイルス薬の効かない新型となり死亡者が増えてきたと報道されている。

 新型ウイルスに対してはワクチンが開発されやや安心していたところへ新型の変異株が出現しこれには対策はない。

 直接鳥に触らない限り感染はないとされているがこれまでのように呑気ではいられなくなってきて対策が必要。

 関係者はさぞかし大変な事態で急な対策が必要に迫られてきたようだ。

 今日は復習勉強を。
 

★Gerd>HP

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月26日(日)18時31分49秒
編集済
   http://gerdrepo.jp/  

★GERD>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月26日(日)02時57分20秒
編集済
   福山市民病院に拘わって3年。何が不可思議かと言えば「PPIの使い過ぎ」で専門家からみれば「PPI」は全く不要な薬品で「H2]で充分。まさしく医薬品の無駄使いで自宅医院には「ピロリ菌除去に使用する」セットになった「タケプロン」だけがある。

 ここ数年は「nexium」が使われだして何故か疑問だらけ。

 診断名も「GERD」で「m3で盛んに宣伝している」。内視鏡でみても「GERG」に相当する症例は殆ど見られず「太田胃散」で充分。我が医院では大西病院の前の津山中央病院院長・額田先生から教えてもらった「メサフィリン+キャベジン」が主で後少しタガメットを加えるくらいで経過はよい。

 今日のm3の講義は「nexium」:毎日「m3」・「日経メディカルオンライン」を観ては流行を知る。

 「ボトックス」なる脳梗塞や脳出血後の後遺症による筋肉拘縮を緩和する「ボツリヌス菌毒」を用いての治療法は皆無となった。講習に出かけるのが面倒だからだろう。使用するには講習へ出かけないと使用できないからだ。
 

★心臓血管>その番号

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月25日(土)01時03分43秒
   循環器では各部位の動脈に番号を付与し検査中にはその番号部位の疾患の有無を確認する。
 

★心臓を養う血管>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月25日(土)00時59分16秒
   「心臓に栄養を与える冠状動脈」は二本あり左右の動脈があり部位に番号が附いている。

 ①冠状動脈全体:

 ②LCA:

 ③RCA:
 
 

★心臓の構造>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月25日(土)00時49分36秒
   心臓の内部構造と出入りする血管:  

★心臓疾患>①アウトライン

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月25日(土)00時47分2秒
   基礎>アウトライン:

 ①構造:

 ②心臓の栄養血管:

 ③心臓の雑音:
 

★NORO>③

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月21日(火)02時37分26秒
   発熱が最初。  

★ノロウイルスの構造>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月21日(火)02時35分59秒
   小型の丸い形をしたウイルス。小児によく診られるロタウイルスも同じ型。  

★Noro>②

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月21日(火)02時31分44秒
   手洗いが基本。  

★noro Virus>市中へ

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月21日(火)02時29分53秒
   どこも今年は「SRSV」である「NORO」ウイルスによる感染性胃腸炎が多発・流行している。

 発熱から始まり嘔吐・腹痛・下痢・など胃腸症状が強く各地で流行している。
 

★其の二>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月11日(土)18時16分30秒
編集済
   いずれにしても「クエン酸」と水分補給が服薬以前に必要でこれを怠ると発作が多くなる。

 ●ビタミン「B1」や「B12」が予防的に使用されることがあるが現在では保険医療の対象から除外されている。

http://www.

 

★ひきつけ発作>①

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月11日(土)18時11分15秒
編集済
   夜半や朝駆けにフクラハギなどに激烈な痛みと痙攣を発作を起こす人が多いがその時の対処法:

 ①ツムラ漢方薬あ>68・17が最も使用頻度が多い

 ②次は「ウラリット」「ダントレン」を加える

 ③水分補給やクエン酸を服用する

 ④鍼灸治療でツボにハリを打つ

 ⑤尚 68番は口内で吸収されると効果が早いのでなるべく飲み込まずに我慢するのがコツ。

 ●脱水や身体の疲労が誘因になるので「水分補給」「暖かにする」のも大切。
 

★剥離骨折>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月 6日(月)17時20分31秒
   足を挫いた時しばしば「第五指趾」の腱の付着部が引き裂かれて「剥離骨折」となる。

 先週から市民病院の出張診療を補佐してくれた看護師さんがこのために休養中。

http://www.

 

★疲労回復>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月 6日(月)17時11分14秒
   その仕組みに「イミダペプチド」が介入する。

http://www.

 

★疲労回復に>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月 6日(月)17時09分21秒
   「イミダゾールペプチド」が有効で話題の医学の一つ。

http://www.

 

★plazaxa>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月 2日(木)03時35分20秒
   「抗凝固剤の比較」と「プラザキサ」:  

★抗凝固剤>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月 2日(木)03時31分49秒
   高齢化社会になって「心房細動」患者が増加し血管のアテローム変性が問題となってきたため「ワルファリン」の使用頻度が増加。

 「ワルファリン」は面倒な「PT-INR」の測定をしながら監視下で使用しなければならないが最近は腎機能さえ良好であれば食事の内容に制限にない「プラザキサ」を使用されることが増えている。

 逆に問題は「PT-INR」で監視できず血液の粘着度が不詳で脳出血の不安や各臓器の出血の懸念が新たに浮かび上がっている。特に初期に5例の脳出血例が報告されて一挙に安全性が問題化して「ワルファリン」に戻る症例がでている。
 

★其の二>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月 2日(木)02時52分18秒
   「アマンタジン」「リレンザ」や「タミフル」が使われる頻度が減少している。  

★抗インフルエンザ剤>

 投稿者:浄徹  投稿日:2014年 1月 2日(木)02時50分6秒
   ①アマンタジン ②イナビル ③リレンザ ④ラピアクタ ⑤タミフル が使用されるが最近では【廃止になった「福山市民病院附属・加茂診療所」】では簡易キットで「A・B」ウイルスが検出されると外来の別室で「看護師」か「薬剤師」「イナビル」の直接吸入を手伝って完全に吸入されるよう処置をして帰宅させていた。

 この一回の処置で完治。

 ●現在の治療薬は「イナビル」の吸入が主流。容態に変化がない限り一度の外来受診で治療は完結して経済的だし患者さんにも喜ばれる。
 

レンタル掲示板
/10