teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


料理教室をやります。

 投稿者:王華  投稿日:2012年 6月13日(水)16時59分52秒
返信・引用
  単発ですが、上海料理を教えます。
詳細はブログでどうぞ↓

http://yaplog.jp/tangguohao/archive/128
 
 

地味にブログ更新中

 投稿者:王華  投稿日:2012年 4月 8日(日)15時26分44秒
返信・引用
  ブログすらほったらかしてる状態ではや何年?です。すみません。
先日その数年ぶりにブログのアクセス数を見てみました。
もう愛想つかされてるだろうなあと思ったら、なぜだか昨秋からブログのアクセス数が
増えてます…。なぜだ?
というわけで、先月末に久しぶりに観光っぽい上海行きをいたしたので、ブログ書いてみました。
備忘録がわりになってるところもありますが、おひまなときにでも読んでください。
これからしばらく、ネタがなくなるか飽きるまで地味に更新します。
 

Re: 旗袍

 投稿者:王華  投稿日:2011年 9月 9日(金)20時57分49秒
返信・引用
  maaさんへのお返事です。

あれ?レスしたのに反映されてない。すみません、返事遅くなりました。

大上海、熟読していただいてるようで嬉しいかぎりです。
どうぞ古本屋に売っぱらったりせずに末永くかわいがってやってくださいまし。

旗袍のほうはまだちょっと時間がかかるやもしれませんが、実現に向けて努力します。
こちらでも告知すると思いますが、小野寺さんのブログでも紹介してくださるであろうと思うので、
どっちを見てても大丈夫だと思います。
とはいえたぶんこちらはそれまで放置に近くなると思いますが・・・。
 

旗袍

 投稿者:maaメール  投稿日:2011年 9月 7日(水)11時53分15秒
返信・引用
  お返事ありがとうございます!
大上海は、当時の上海が舞台の小説や映画の鑑賞の友として出てくる地名や道の名前を調べたりして
楽しませていただいています。その道があった地域がどんな町の雰囲気だったのか、などがわかりやすく、
より深いタイムスリップ感を作品に感じられる様になるところが病み付きになりますね!

チャイナドレス展示会、すごい楽しみにしてます。がんばってください!
 

Re: チャイナドレス

 投稿者:王華  投稿日:2011年 9月 2日(金)00時19分47秒
返信・引用
  > No.678[元記事へ]

maaさんへのお返事です。

うわー!長年ほっぽらかしていたら書き込みがあった。すみません!
もうご覧になってないかもしれませんが、お返事させていただきます。

まずは大上海、ごらんいただきありがとうございました。
楽しんでいただけたとのこと、嬉しいです。

さてさて、旗袍ですが、現在つくりだめの最中であります。
当面ネットショップなどの予定はなくて、まずはどこかギャラリーを借りて展示即売のかたち
をとろうと思っています。場所、時期などはまだ未定ですが、東京近郊になることは間違いな
いと思います。他地方にお住まいでしたら申し訳ないです。
予定がたちましたらこことこれまた休眠中のブログなどにて通知させていただきますね。
 

チャイナドレス

 投稿者:maaメール  投稿日:2011年 8月 1日(月)05時30分23秒
返信・引用
  はじめまして。「時空旅行ガイド大上海」、最高に楽しく拝見させていただきました!

老上海のオールドポスターに出てくるようなチャイナドレスをいつか・・と憧れつつもなかなかこれという製品やお店に出会えなかったのですが、先日やっと小野寺光子さんのページで、理想的なチャイナドレスの写真を発見!しかも貴サイトで1930~40年代スタイルのチャイナドレスを製品として提供していくことを検討中。との記述を読み、是非是非私もほしいのですが、現在注文することは可能でしょうか?
 

Re: 来年もよろしくお願いいたします

 投稿者:王華  投稿日:2009年 2月13日(金)21時22分20秒
返信・引用
  > No.672[元記事へ]

まな板さんへのお返事です。

うううう春節も過ぎた頃にやっとレス返すなんて、店主失格です。
ごめんなさいごめんなさい~~~~~。

上海行きは5月です。今回は仕事とか煩わしいものを持っていかず、例えばバスで終点まで行って
知らない街並みを歩いてみるとか、そういうことをしたいと思ってます。
新しいものにはあまり興味がないので、新たな発見に乏しいんじゃあないかと懸念してますけど、
それでも何か面白いものが見つけられれば、と思います。

こんな店主ですが、今年もよろしくお願いいたしまする。
 

Re: 恭喜發財!

 投稿者:王華  投稿日:2009年 2月13日(金)21時18分5秒
返信・引用
  > No.673[元記事へ]

yukamideさんへのお返事です。


> 大変遅ればせながら恭喜發財!(これって広東式または香港式新年の挨拶ですか?)

こちらこそ、遅ればせながらであります。恭喜發財は一応全国共通ですよ。
もっとも20年ほど前までは「資本主義的」ってことで誰も言いませんでしたけどね。今は・・・w

はい、わたくし生まれも育ちも大森でございまして、いまだにそうです。
もうここは一生の地になるんじゃないかと。山の手と下町、両方が共存していて、とにかく好きな街なのです。

ユザワヤのワニにおぼえがないということは、私よりも若いってことです。
ワニがいたのは私が幼稚園くらいの頃ですもん。
白木屋、懐かしいなあ。今考えるといかにも30年代チックな、上海にもありそうな建物でしたよね。
東急になってもずっとうちでは白木屋って呼んでました。

「大田っ子の歌」、初めて聞いた名前です。どんな歌詞なのか興味しんしん。
なぜにそんな歌をつくったんでしょうねえ。うちのじょーちゃんが小学校で習った話も聞かないから、もしか
したらすでにすたれたんでしょうか・・・。
 

お写真ありがとうございます

 投稿者:yukamideメール  投稿日:2009年 2月13日(金)03時34分54秒
返信・引用
  井上@打浦橋@上海さま レスありがとうございます。こちらでははじめましてですね。
店主さま 横レス申し訳ありません。
井上@打浦橋@上海さまのページも実はよく拝見しております。いつもすばらしい写真と豊富な話題で楽しませていただいております。そして浦江飯店のお写真アップしていただいてありがとうございます!建物の内部の写真は難しいので、自分の撮ったものを後で見ても全然面白くないのですが、こうして上手な方のお写真を拝見できるととても嬉しいです。ああ、また上海に行きたいです。
「近代建築のホームページ」の書き込みもお気づきとは、お恥ずかしい(汗)。今日(2/12)放送されたドラマでも神奈川の洋館が使われていました(前に「純情きらり」でピアノの教授の家に使われていた藤沢のお宅です)。ご覧になられましたか?ドラマ自体はちょっと子供向けですが、昭和9年の神田を再現したシーンなど、さすがNHK。あれは江戸東京たてもの園でしょうか。
などと近代建築にはひと頃、かなりはまりました。ですから上海はそれこそ80年代から長く憧れの地で、その頃個人旅行で上海を旅した強者の友人(女子2名)もおりましたので、自分もすぐにでも行きたかったのですが、機会を逸するとなかなか難しく、実際に訪れるまで随分時間が経ってしまいました。
6年ほど前に遊びに行った時は、あまりそちら方面に興味のないウチの夫や(それでも結構つきあってくれました)、その知人の現地在住の方に案内していただいたので、まだまだ見たりない思いが残りました。
実家の母も「上海タイフーン」を見てから上海に行ってみたいと申しておりますので、機会を作ってぜひ再び訪れたいと思っております。ただ、娘(2歳)連れはまだ難しいでしょうか。でも彼女も香港生まれの香港育ち、中華は何でも食べるし、特に上海料理(小龍包)は大好物、結構大丈夫かも?その際はぜひ井上@打浦橋@上海さまのページを参考に、色々回ってみたいです。
では長々失礼いたしました。今日はこれにて。
追記:店主さまのブログはリンクがありましたね。失礼致しました。しっかり拝見し、ブックマークしました。
 

いつかまた、浦江へ、どうぞ

 投稿者:井上@打浦橋@上海メール  投稿日:2009年 2月12日(木)06時02分53秒
返信・引用
  yukamideさん、はじめまして・・・
王華さん、ゴメン!!
割り込みと言いますか、横やりと言いますか、王華さん抜きの話になりますが。
yukamideさんには、はじめまして、ではなく、一度、NHKの「上海タイフーン」の掲示板で
お会いしています、けどね・・・。
そしてyukamideさんは、「近代建築のホームページ」の掲示板でも投稿されていましたね。
このサイトの主催者には、実は、私、上海でお会いしてるんです。
その時は、主催者さんを含む、古い建築物好きな方、数人と上海の街を歩き回ったんです。
そして、浦江飯店も案内しました。
浦江飯店、ドミで有名だった頃から比べますと格段に綺麗になってますが、
それでも、未だに、ユッタリとした時間が流れてるような感覚が味わえます。

浦江飯店の画像を貼り付けました。
①は、「上海タイフーン」に出てきました浦江飯店の1階ロビーですね。
②と③はホテルの内部。
1912年に建った頃、そのままなのかと思っています。
階段も、廊下も、広々として、明るくて、ユッタリとしているでしょう。
廊下も磨り減っていますし、石の階段も磨り減っていまして、
ホントにイイ味出しています。

http://4travel.jp/traveler/dapuqiao/album/10273867/

 

レンタル掲示板
/11